気ままに山あそび KuZu★Pinkアウトドア記録

登山・キャンプ・電車の旅…。山あそびを中心に、お金をかけない「エコ」な遊びを展開☆

高尾山〜城山〜景信山 ハイキング♪

8/22(土)、高尾山(599m)へハイキングに行ってきました!
なぜこの真夏にくそ暑い低山にわざわざ登るのかって…?
それには理想の高〜〜〜〜い理由があったのでした!グッド

高尾山きよたき駅

実は、来週8/29に富士山(3,776m)に登るのを予定しているのです。日の出
そのとき友人(登山経験なし)も一緒に登るのですが、いきなり履き慣れない新しい登山靴で富士山は危険だろうというわけで、まずはプレ登山。
足慣らしに、ここ高尾山を選んだわけなのです!拍手
高尾山といえば、ミシュランガイドに「三ツ星」評価されたので、訪れるひとが増えているようです。ほかにもビアガーデンもあるし、最近はトレイルランとかも流行ってるし…都心から近いので気軽に来れるだけに、沢山のひとたちで賑わっていました。ジョギング

のんびり歩いているととつぜんまっ白なキノコ出現!
テングタケ科のシロオニタケ(タマシロオニタケ)と思われます。
シロオニタケなら、毒はないが食用不適。
タマシロオニタケは、猛毒。きのこレッド
シロオニタケ?

稲荷山コースの展望台で休憩です。ホットコーヒー
暑さで霞んでいて展望はイマイチでした。
稲荷山の展望台

あっという間に山頂に着いてしまいました〜。
ここまでは人がとても多くて、「楽しむ」というより「歩く」感じでした。
高尾山頂

高尾はここからがおもしろい。
誰かが言っていました。そう、ここから先が、花花や自然植物がたっぷり! 人も若干少なくなって「楽しめる」のです。
アザミのつぼみ

コバノカモメヅル↓。小さいので見落としてしまいがちですが、近くを歩いていた植物に詳しいおじさんが教えてくれました。おはな
コバノカモメヅル

ここは虫を観察するのにもいい環境かもしれませんね〜。
花に虫が…

釣り鐘のような白い花です。とっても小さいです!嬉しい
釣り鐘のような花

ユリが咲いていました!
カノコユリというのかな? ピンク色のドットがとてもきれいです。
カノコユリ?

黄色い花も咲いていました。花
黄色い花

花や虫たちに心魅かれながらものんびり歩いて、城山(670m)に着きました。
ここでお昼ごはんです。
暑かったので、城山茶屋名物の「巨大かき氷」を買って3人で食べました♪
甘くて冷たい氷が、のどに染み渡る〜! 最高でしたラブ
巨大かき氷!

城山からは下りがしばらく続き、小仏峠の分岐まで来ました。
ここは江戸時代に旧甲州街道の関所が置かれたところだそうです。
昔の人は、こういう道を歩いて旅をしたり荷物を運んだりしていたんですね〜びっくり
小仏の旧甲州街道分岐

小仏峠からは上り坂で、そこを登りきると景信山(727m)です。
本日の縦走、3つめのピーク到達です!拍手
景信山頂

山頂からの眺めは…うーん、まあまあかな。
夏場は期待できないけど、曇っていなければ最高なのに〜!
景信山頂からの眺め

景信山で水分補給してしばらく休憩。
小仏バス停方面へ下ります。
下っている途中、またもやキノコ発見。きのこオレンジ
今度はイグチ科のキノコっぽいです。
きのこパート2

また違う種類のキノコ。
最初に見つけた白いキノコは、至る所に顔を出していました。
食べられたらこんなところにのうのうと生えてるはずがないから、きっと食べられないんだね。
きのこパート3

小仏バス停近くまで下りてきました〜。
一気に下ってきて、しかも道はちょっと急でした。
こちら側から登るのは結構キツいかも。ショック
登山口の立て札

道路と山。人工と自然。
道路と山

コンクリートの道端でも、元気に花は咲いていました。おはな
シロツメクサかな?
シロツメクサ?

小仏バス停です。
お疲れさまでした〜!楽しい
小仏バス停

高尾といえど3つの山を縦走すると、しっかり歩いた感じもするし、何よりも高尾以降の道が楽しくて仕方がありませんでしたラブ
今回始めて行ったお友達も、しっかり楽しめてご様子で、来週の富士山もより一層楽しみになりました!
よかったよかった♪

さて、私も目標ができました。
この秋は、高尾周辺を散策する! です。
実はるるぶ高尾山↓を買ってしまいました!

るるぶ高尾山 (るるぶ情報版 関東 25)るるぶ高尾山 (るるぶ情報版 関東 25)ジェイティビィパブリッシング 2008-10-24売り上げランキング : 48354Amazonで詳しく見る by G-Tools

これを読んで研究して…今年の秋はひとり山あるきを楽しもうかな♪見る
なんてね。



ランキングに参加してます!応援ポチッ↓とおねがいします☆
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
登山記録*日本国内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<< 瑞牆山 with父。 | トップ | ゴーゴー!「富士山」! >>

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabi.aideaworks.hippy.jp/trackback/1004244
この記事に対するトラックバック