気ままに山あそび KuZu★Pinkアウトドア記録

登山・キャンプ・電車の旅…。山あそびを中心に、お金をかけない「エコ」な遊びを展開☆

【毒きのこ】カエンタケにご注意を!

猛毒のきのこ、カエンタケが滋賀県でひろまっているらしい
致死量は一口ほど。
きのこの汁に触れるだけでも皮膚炎を起こす
超猛毒なきのこです。
いかにも毒々しい、真っ赤な汁らしいですよ。



下記はその記事の抜粋。(Yahooより)
猛毒「カエンタケ」森林拡大、触れるだけで皮膚に炎症

猛毒キノコ「カエンタケ」の発生が滋賀県内の森林で広がり、県は注意を呼びかけている。

 カエンタケは表面に触れるだけで皮膚に炎症を起こすほか、食べると下痢、嘔吐、運動障害などの症状が出て、死に至る場合もあり、県は「触ったり食べたりしないよう、注意してほしい」としている。

 県森林センターによると、カエンタケは、円筒形のほか、手の指のような分岐したものがあり、15〜3センチの大きさ。表面は赤色。1999年に新潟県で、2000年には群馬県で死亡した例があり、致死量はほぼ1本分の3グラムという。

 枯れたコナラの地中の根から生えることが多い。ナラ類の木々が大量に枯死する「ナラ枯れ」が近年、県北部から南部にも広がったため、カエンタケも県全域に分布し始めたという。今月、野洲、大津、長浜市内の広葉樹林内で見つかっている。

 同センターは「5本の指に入る猛毒キノコ。食べると小脳に後遺症が残ることもあり、気をつけてほしい」としている。

以前駅貼りのポスターでカエンタケの存在は知っていたけど、海外のきのこだとばかり思っていました。
ベニナギナタタケとかなり似ているのに、きのこ図鑑に載っていないのが不思議でした。
冬虫夏草と間違えて誤食も何件かあるらしい。
日本にも発生してるなら注意しなきゃね

気に入ってくださったら
ポチッ↓とおねがいします☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
つぶやき*山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<< バケツ風呂が似合う男 | トップ | ネパール製リップクリーム >>

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabi.aideaworks.hippy.jp/trackback/1032004
この記事に対するトラックバック