気ままに山あそび KuZu★Pinkアウトドア記録

登山・キャンプ・電車の旅…。山あそびを中心に、お金をかけない「エコ」な遊びを展開☆

南アルプス「北岳」雨の山行【登り】

今年もまた、南アルプスの北岳(3193m)に行ってきました!
今回は山を始めてそんなに経っていない友人たちと4人で、
今までにない大きい山の山行です。
白根御池小屋のテント場と池

私と相方のJINは3度目の北岳。
今までは運良く晴れていたのですが、
今回は…どうも雲行きが怪しい。。。

夜、地元をクルマで出発し、夜中の12時前に芦安駐車場に着きました。
すると雨が…悲しい
とりあえずテントを張って、朝まで眠ることとしました。

今回の行程は、
広河原〜二又〜右又のお花畑コース(状態が良ければ雪渓の左又)〜肩の小屋テント場
翌朝、
肩の小屋テント場〜北岳頂上〜肩の小屋〜白根御池小屋〜広河原
という予定です。
こんな天気なので左の雪渓コースは難しいだろうなあ…などと思いつつ。
暑くてあまり眠れなかったけど早朝4:30。
人のざわめきと共にうとうとから覚めると外はまだ雨。
気づけば沢山の登山客が駐車場に来ていました。
急いで身支度をしてバス乗り場へ向かうと、長蛇の列!
芦安バス乗り場での行列

みんな連休だから楽しみにしていたんだねえ。こんな天気だけど。雨
奥多摩とかと違って、みんな割と重装備。
小屋泊まりの人は小さめのバックパックだけど、
客層がやっぱり「山慣れ」ている感じがしました。

5:20分頃バスが発車し、そこから乗ること40分。広河原に着きました。
レインコートを着たりごはんを食べたりなんだりして、
7:30、広河原山荘から登山開始です。ジョギング
広河原山荘

出だしからは少し登り。
ブナなどの雑木林の中をえっちらおっちら登って行きます。
ここで急がずゆっくり、自分のペースを掴んでおきます。
30分ほど歩くと白根御池小屋への分岐。
そこを左に「二又」方面へ行きます。
しばらく行くと沢の音が聞こえ始め、沢にぶつかると
そこからしばらくは沢沿いの涼やかなルートとなります。
沢沿いの登山道

沢伝いに山道らしい山道を歩き、時折沢を橋で渡ったりしながら2時間ほど登ります。
若干アップダウンもあるけど、ほとんどが登り。
特別キツいわけではないけど、長いです。
二又まであと15分ほど…というところで雪渓が始まりました。
沢が雪渓になった境

今年は雪が多かったらしく、左又の雪渓コースは通行不可になっていました。
しかもこんなところから雪渓が始まるとは…。
やっぱり今年は暑くなるのが遅かったんだなあ。
二又の手前から少しだけ雪渓の上を歩きます。
雪の上だけあって、少し涼しい。
二又手前から来た道を振り返る

ここまで来たとき、雪渓で男性が倒れていました。
とりあえず気道の確保! 顎を持ち上げて口を開かせます。
肩を叩いて声をかけましたが、
瞳孔が開いていて呼吸も脈もなく意識不明でした。
私たちはどうすることもできなく、連絡先を聞いて肩の小屋に着いたら通報することにして、その場を離れました。
緊急の処置でも勉強しておけば良かった。
自分の無力さが悔やまれました。

お花畑も霧でまっ白
左の雪渓が通行不可なので、二又からは右の「お花畑コース」へ。花
雨がひどくなってきていて、昼ご飯もままならない。
せっかくラーメンにでもしようと思っていたのに。しょんぼり
こまめに行動食を食べながらお花畑をゆっくり登って行きます。
なにしろ雨で視界が悪く、花は見事に咲いているのだけれど、それを楽しむ余裕もなく、上へ上へと歩を進めました。

この葉にだけ白い線が
前回と気候が違っていたせいか、咲いている花が少し違いました。
なぜかこの株だけ、白い線が入っていました。
ほかはみんな緑一色なのに。
きれいに一本の白いラインです。

霧と雨で視界も最悪だけど、ごはんを食べると元気になる。
単純なことだけど、ちょっとした楽しみを見つけられないと、雨天時の山行はとってもひどい思い出になってしまう。
今回のメンバーは…。うん、けっこう楽しそう。笑 猫
霧で視界が悪い中休憩

二又から3時間。小太郎尾根へ着きました。
もうハイマツと高山植物ばかりの場所になりました。
ちょうど森林限界のようです。よつばのクローバー
尾根なので風が強いのはわかっていましたが、今回は悪天候だったこともあり、台風並みの強風と霧のような雨が、右側から容赦なくぶち当たってきます。強風
ここから肩の小山でコースタイムで30分。
だけど、ここまでくるだけで相当な体力を消耗。
数歩歩いては立ち止まり、数歩歩いては何かを口にする。
それを繰り返していました。

きっとみんな辛い。仲間も、ほかの人たちも、みんな下を向いて強風に煽られつつ、肩の小屋はまだかと思いながら少しずつ歩を進めていきました。
天気が良ければ、このうえない絶景の尾根歩きだったのに…残念でなりませんでした。

ようやく肩の小屋に着いたときは4時を回っていました。
歩き出して8時間半、よく頑張りました!!

テント場はすでにテントで一杯。
風のない尾根を下りたところはみんなに取られていてスペースがありませんでした。
仕方なく強風吹きすさぶ尾根筋の空いたスペースに、ねじ込むようにテント場を確保。
強風に煽られながら、寒さに震えながらテントを張りました。

小型の1基はゴアテックスの山用テントなので、強風でもびくともしませんでした。楽しい
だけどもう1基のちょっと大型のものは、安いキャンプ用のショボショボテント。冷や汗
アルミの骨が弱すぎて、テントが押しつぶされてしまい、
中に人がいないと飛ばされるくらいでした。

写真も撮りたかったけど、そんな体力と気力の余裕がなく、
テントに入って濡れた服を着替えて食事を済ませるのが精一杯でした。
晴れていたら、もうちょっと頑張れたんだろうけどなあ。。。ニョロ

時間にして多分夕方の6時前。
寝袋に入って温まるとすぐに眠くなってしまいました。
明日は晴れると良いなあ。
淡い期待を抱きながら眠りに落ちました。

明日は頂上へ行ってから御池小屋へ下ります。
がんばるぞ〜!グッド

気に入ってくださったらポチッ↓とおねがいします☆
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
登山記録*日本国内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<< 金時山に行ってきました | トップ | 南アルプス「北岳」雨の山行【下り】 >>

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabi.aideaworks.hippy.jp/trackback/970616
この記事に対するトラックバック